最近では無料で法律相談できる法律事務所も増えている

popular post

  • いざという時頼りになる弁護士特約付きの保険

    交通事故対応経験が豊富な弁護士を上手く見つけるには 交通事故に…

    » 続きはコチラ

  • パニックになりそうな時こそ弁護士の力を借りる

    交通事故の事後対応はプロ対プロで 交通事故にあったとき、示談交…

    » 続きはコチラ

  • 最近では無料で法律相談できる法律事務所も増えている

    交通事故の対応で信頼できる弁護士の見極めポイント 交通事故のあ…

    » 続きはコチラ

交通事故の対応で信頼できる弁護士の見極めポイント

交通事故のあと、ケガや精神的ショックで苦痛の中にあるときに、自分で事後の対応をするのは厳しいです。そうした場合は、事故問題に強い弁護士に相談すると被害者の負担を軽くすることができます。
ただし、ここで忘れてはならないのは、その弁護士が本当に信頼できる人物なのかどうかを見極める必要があるということです。
信頼できる弁護士を見極めるポイントはいくつかあります。
まず、本当に交通事故対応の経験があるかどうか、実績を確認させてもらうこと。実績があり、しかもいい成績の場合は、それがその事務所のセールスポイントになるので、向こうから積極的に見せようとするでしょう。実績に関してお茶を濁そうとしたり、数値を挙げられないようであれば、事故問題に強いというのはただの自称である可能性があります。
弁護士依頼にかかる費用に関して、無料の範囲とどこから有料になるかを明確に説明してくれること。依頼者にとってこの問題が重要であると弁えている常識的な事務所を選びましょう。
親身に相談に乗ってくれるかどうか。交通事故という事例が事例なだけにとても大切なポイントです。被害者の不安な心情に寄り添う姿勢があるかどうかを確認しましょう。
そして最後に、今後の対応に関して、分かりやすいロードマップを示すことができるか。「なんとかなりますよ」「お任せ下さい」等と、何の根拠も具体性もない安請け合いをする事務所は要注意です。

交通事故の対応を弁護士に依頼するなら早い段階がベスト

交通事故に遭い、その後の対応について弁護士に相談する場合、そのタイミングとしては可能な限り早い段階であることが望ましいです。
交通事故に関する保険会社との示談交渉においては、「過失割合」についてどう判断するかが重要となってきます。過失割合の判断に当たっては、事故のあとに、現場を調査した警察が作る報告書が資料として使われます。つまり、この調査資料が、もしも加害者に有利になるような内容にまとめられていた場合、それだけで示談交渉は被害者にとって不利な方向に進んでしまうリスクがあります。
こうしたリスクを避けるためには、事故の現場調査の段階で、事故問題に強い弁護士に相談するのがベストということになります。
交通事故の直後、現場に警察が入る段階で弁護士に介入していただくとなると、おそらく事故が起きてから、一から弁護士を探したのでは間に合わないでしょう。そのため、交通事故に遭う遭わないにかかわらず、予め適切と思われる弁護士数人、或いは無料法律相談などに目星をつけておく方がいいかもしれません。事故に遭ったタイミングで速やかにその弁護士に相談するか、家族に代わりに相談に行ってくれるようお願いしておくといいでしょう。
事故対応を被害者に不利にならないように進めるには、スピードも肝要と心得ましょう。

Copyright(C)2018 交通事故の慰謝料にも関わる!良い弁護士の見分け方をご紹介 All Rights Reserved.